都会から派遣されるのエリート主治医

脳卒中の手術の内容を今回記事にさせていただくのは私が通っている大阪城東区の皮膚科なら福永記念診療所と歯科医院の歯科医師さんについてです。私が住んでいる場所は、かなり田舎の地域で、大きな病院も市内に一つしかありません。大阪府下の病院では生野愛和で私が通っている歯科医院さんも、個人経営の小さな歯科医院なのですが、週に2回、都会から専門知識を持った先生が定期的に来院して診療を行ってくれます。その先生は院長先生よりもかなり若いのですが、兵庫県下での伊丹で人気の病院も歯科治療以外にも歯科矯正やホワイトニングの知識も豊富で、一度の診察で治療から矯正の相談までたくさんの悩みを解決してくれます。もちろん普段診療を行っている院長先生も親身になって相談を受けてくださるのですが、やはり根本的な専門知識が違い、一つの悩みにも、現在透析では都会の先生はいろいろな方向から解決策を与えてくれます。診察料に差はないものの、一回の診察の満足度のようなものがまるで変ってくるのです。同じ医療の現場であっても、先生次第では診察の内容や方法がかわってしまうので、都会の医療に対する憧れがあったり、医療の幅の広さに納得したりと、田舎者はいろいろ考えさせられます。