担当医の先生の情報は事前に入れておく

城東区の皮膚科を探して担当医の先生はあらかじめ調べてから行った方がいいでしょう。もう少し詳しく言いますと、「自分が今から行こうとしている大阪の病院で生野愛和病院の外来のその日の担当医の先生が誰なのか?」といった情報は、伊丹市でi好評判の訪問病院に行く前に入れていく方がいいということなのです。

初診でかかる病院にしましても、その日の外来の担当医の先生の情報は必要だというものですからね。たとえば、内科や外科なんかは何人かの担当医の先生がいますので、誰を選ぶかといった迷いだって出ますからね。

とくに初めて訪れる病院の外来の場合、担当医の先生の希望がなければ「一番不人気な先生」をあてがわれたりしますから。なぜかと言えば、最も人気のないお医者さんのところが空いているわけですからね。病院側としてはスムーズに診察を終わらせたいというものですから、希望がなければ空いている先生のところに回しますよ。

けれども患者としては最も良いお医者さんに担当医の先生になってほしいというものでしょう。そしてだからこそ、事前に先生の情報は入れておくのがいいというわけですので。