主治医に診察してもらって感じること

これまで病気になって主治医に脳卒中は専門家の手によれば、後遺症を最小限に留められると長い期間診察をしてもらった事があるのですが、その時に思ったのは
やはり主治医に診てもらった方が安心感があると感じました。

なぜなら、これまでに主治医以外に診てもらった事があるのですがこちらも微妙な受け答えになってしまう上に医者の方も人工透析の合併症や原因とは何かあまりこちらの要望を聞いてくれたりしてないという感じがしたからです。

ですが、主治医に診てもらった時は違うと思いました。主治医に診てもらった時は明らかにこちらの要望をしっかり受け入れてくれているのを感じられました。

兵庫の県下伊丹で人気の病院ならまた主治医相手だとお互いにかなり知っているので普通の医者と患者よりも遠慮なく色々話せるのが良いと思いました。おかげで病気になった事で不安に感じている事も話せて良い事が多いように感じました。

なので、大阪府下で一番の透析病院から同じ医者でも診てもらうなら私は主治医に診てもらうのが特に良いと思っています。
主治医以外に診てもらうとどうしても遠慮してしまってこちらから言いたい事があまり言えない事が多くてそこが少し不満に感じてしまいます。

大阪府城東区の皮膚科を探してですから同じ病院に行くなら気兼ねなく行ける主治医の病院に行くようにしています。
その方が都合が良い事が多いように感じているのは確かです。